中古パソコンを購入する際に性能以外で気をつけるところはご存知でしょうか?

中古パソコンを購入して、安くパソコンを手に入れようとする際にはこういうものは避けたほうがいい、という物もちらほらとあります。特に、これは性能とは関係のないところでのポイントになりますが重大な要素なので気をつけておきましょう。

■展示処分機に気をつけて
展示処分機というのは、いわば電器屋などによく置いてあるような型落ちしてしまっているけど、展示されているというようなタイプのパソコンですね。こちらは、中古パソコンというよりはいわゆる新古品のような感じでいい物のように見えるかもしれませんが、店内の照明の下にずっと当てっぱなしになっている上に、色んなお客さんが触っていっています。

さらに、メンテナンスなども十分にされていないことが多いので故障しやすいことが多いんですね。在庫品ではなく展示している物をそのまま購入するのはややリスキーです。

■外観が汚れ過ぎているもの
これも実は気をつけたほうがいいですね。特に日焼けによる黄ばみや、タバコのヤニ汚れなどが周りに付いている物は熱に長いことさらされているので内部のパーツの劣化が激しい場合もあります。さらに、タバコのヤニ汚れが付いているパソコンというのは当然ながら喫煙者の利用していたパソコンである可能性が高いです。

そうなるとヤニ汚れが内部にまで付着している危険性が高いのです。

■まとめ
パソコン内部の性能とは関係ない点ですが使用環境や、どういうところで使われていたかというのは実は性能以上に重要な点なのです。どんなに、スペックのいい物で安く購入することができるものであってもそれがすぐに壊れてしまってはまさに画餅に帰すという言葉がぴったりの状況になってしまいますので要注意です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ